安全に行う

ダンベル

資格者による指導

加圧トレーニングには、それを指導する為に資格が必要で、その資格保有者によって専用器具の説明を受けてからしかトレーニングをする必要があります。
基本的に身体の血流に対して圧力をかけることによって血液の流れを良好にするので、安全に効果を出すためにも正しい利用が求められます。
加圧トレーニングは続けることによって効果が期待できますが、基本的にマンツーマンでの指導を受けることが重要です。
このトレーニングでは、その人の体調や体型、健康状態を専用のトレーナーが管理しながら、目標とする身体までトレーニングを続けていきます。
現在日本では安全面を考えて、全てのジムでマンツーマンでのトレーニングが行なわれているので、ジムを選ぶときもその点も確認しておくことが大切です。

トレーニング中は

実際に加圧トレーニングを行う際は、安全に行う為に決められた時間通りに加圧をすることが大切です。
長い時間やればやるほど効果がでるわけではなく、加圧トレーニングはより安全に行うことが重要なので、腕であれば10分以内、脚であれば15分以内で区切る必要があります。
普段運動を行っていなかった人は、急に身体に負担がかかることの無いように、初めは5分程度で区切っておこなうのが良いでしょう。
加圧トレーニングは器具に圧力を加えるベルトを使用しますが、巻くときは衣類の上から巻きます。
基本的には腕や脚を中心に行う加圧トレーニングですが、腕も脚も同時に行うではなく、腕の次に脚といった順番で行います。
もし体調が悪くなったらすぐに中止することを頭にいれておくことが、長く続けるために大切です。